[8001]伊藤忠商事の株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[8001]伊藤忠商事の利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2019/11/10

[8001]伊藤忠商事 企業情報

企業概要

[8001]伊藤忠商事は、みずほグループに属する大手総合商社です。

三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅と共に、5大商社の一つを形成します。

本社は、大阪府大阪市北区と東京都港区。

伊藤忠商事は、麻布の行商が起源。丸紅と起源は同じ。

創業は、1858年。

伊藤忠兵衛によって麻布の卸売業として滋賀県で創業されます。この伊藤長兵衛は、現在の伊藤忠と丸紅両方につながります。

伊藤忠兵衛

現在の伊藤忠・丸紅につながる伊藤長兵衛商店を創業

戦前、伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であり、世界最大の繊維商社でした。

伊藤忠商事の強みは、現在も非金属分野

傘下に有力企業を多数もち、現在は、繊維の他に、食料・生活資材・情報通信・保険・金融といった非資源分野全般を強みとしています。

収益に占める資源以外(非資源)の割合は、83%(米国の会計基準)と非常に大きく、生活消費関連分野が中でも半分以上を占めます。

伊藤忠商事は、みずほグループに所属

銀行との融資・資本関係としては、旧・住友銀行と親密でしたが、戦後、住友系列より徐々に離脱し、旧第一銀行(現在のみずほ銀行)に接近。このため、現在は、みずほグループに属しています。

伊藤忠商事 セグメント別収益比率

[8001]伊藤忠商事は、以下の7つのセグメントを持っています。

  • 繊維
  • 機械
  • 金属
  • エネルギー・化学品
  • 食料
  • 住生活
  • 情報・金融

2019年度のIR資料から、セグメント別収益比率を見てみます。

他の総合商社で強みを見せる金属部門ではなく、エネルギー・化学品や、食料などといった分野で半分近くの収益を出していることがわかります。

セグメント 収益(億円)
繊維 5,224
機械 7,227
金属 2,296
エネルギー・化学品 15,767
食料 11,491
住生活 5,944
情報・金融 6,971

[8001]伊藤忠商事 株価

2019/11/10時点)

[8001]伊藤忠商事の株価は、2360円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約23.6万円です。

1年チャート

5年チャート

[8001]伊藤忠商事 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[8001]伊藤忠商事の配当金関係の基本情報です。

2019/11/10時点)

配当金

[8001]伊藤忠商事の1株当たりの配当金は、85円です。

100株保有の場合、年間8500円の配当金が支払われます。

配当利回り

[8001]伊藤忠商事の配当利回りは、3.6%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

3.6%✕ 0.79685=2.87% 

となります。

権利確定月

[8001]伊藤忠商事の権利確定月は、3月・9月です。

配当性向

[8001]伊藤忠商事の配当性向は、27%です。

[8001]伊藤忠商事 配当金まとめ

株価 2360円
年間配当 85円
最低購入額(100株) 約23.6万円
年間配当(100株) 8500円
利回り(税引き前) 3.6%
実質利回り(税引き後) 2.87%

2019/11/10時点)

[8001]伊藤忠商事 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[8001]伊藤忠商事の配当金支払い実績です。

ここ7年で連続増配されています。

7年間での増配比率は+75%にも上ります。

配当利回りの推移

[8001]伊藤忠商事の配当利回りの推移です。

3~4%台で推移しています。できれば4%台で購入したいところです。

配当性向の推移

[8001]伊藤忠商事の配当性向の推移です。

ここ7年の配当性向は20~30%台で推移しています。

商社お得意の、配当性向を一定にするよう、配当金を決定しているようにも見えます。

[8001]伊藤忠商事 業績

営業収益

[8001]伊藤忠商事の営業収益です。

(単位:百万円)

営業利益

[8001]伊藤忠商事の営業利益です。

(単位:百万円)

税引き前利益

[8001]伊藤忠商事の税引き前利益です。

(単位:百万円)

純利益

[8001]伊藤忠商事の純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[8001]伊藤忠商事は、盤石の事業内容と安定配当魅力の銘柄です。

利回り4%台で購入し、ポートフォリオに加えていきたいところです。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた