証券会社の選び方・ポイント ~おすすめは松井とSBIの二刀流~

 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

株式投資を始めようとしているが、どの証券会社にすればよいか、分からない方

に向けて、

証券口座を開くときの 証券会社の選び方・ポイント

について、紹介します。

結論:おすすめは「松井証券」と「SBI証券」の合わせ技

はじめに結論からいきますと、松井証券SBI証券を合わせ技で開設していくのがいいです。

株式投資歴8年のいけやんも、この2つをメイン口座として使っています。

様々な証券会社がありますが、どのようなポイントで選んでいけばよいでしょうか

順番に見ていきましょう。

1番の決め手は手数料です

証券会社を選ぶ際の1番の決め手は、手数料です。

株を売買するには、株を買う時にも、売るときにも、証券会社に売買手数料を払わないといけません。

これは株式投資をするときの「コスト」になり、投資利益を差し引くものになってしまうため、もちろん、安ければ安いほどよい、です。

簡単な例で見てみます。

例えば、マネックス証券で[9437]NTTドコモを売買した例を見てみます。

100株を株価3,000円の時に購入し、3500円の時に売却した場合、

  • 購入時は、100株 ✕ 3,000円 で、30万円 の取引
  • 売却時は、100株 ✕ 3,500円 で、35万円 の取引

となり、5万円の利益をゲットできます。

(厳密には、売却益に対して税金が20%とられるので、4万円の利益です)

ここからさらに、証券会社に支払う取引手数料を差し引かないといけません。

マネックス証券の場合、1回の取引額が50万円までの場合、片道2,500円の手数料がとられます。

これは、購入時と売却時に「両方」かかるので、売買往復で計5,000円(!)の手数料となります。

実に、税引き前の利益の1割にも相当する分をもっていかれることになります。

これは非常に大きいです。

しかしながら、この売買時の取引手数料は、証券会社によって、けっこう大きな差があります。

先ほどのNTTドコモの場合でも、証券会社によっては、手数料が無料のところもあります。

それでは、証券会社ごとの取引手数料を見てみましょう。

注文ごとの株式売買手数料比較

まずは、1回の注文ごとの売買手数料の比較です。

1注文ごとの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

これによると、50万円までの取引であれば、松井証券が手数料無料であり、一番お得であることが分かります。

1日定額の株式売買手数料比較

次に、1日定額の手数料です。

「1日定額」とは、1日の取引金額の合計によって手数料が決まる仕組みのコースを言います。

1日あたりの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
SBI証券 無料 無料 無料 762円
楽天証券 無料 無料 無料 858円
岡三オンライン証券 無料 無料 無料 800円
松井証券 無料 無料 無料 1,000円
岩井コスモ証券 80円 159円 400円 800円
GMOクリック証券 213円 213円 399円 797円
ライブスター証券 400円 400円 400円 600円
マネックス証券 2,500円 2,500円 2,500円 2,500円

このコースで比較すると、先ほどの松井証券に加えて、SBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券も無料となってきます。

1か月定額の株式売買手数料比較

最後に、1か月定額の手数料プランです。

こちらは、1か月の取引金額の合計によって手数料が決まるコースを言います。

1か月あたりの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~50万円 ~100万円 ~500万円 ~1000万円
SBIネオモバイル証券 200円 1,000円 3,000円 5,000円

SBIネオモバイル証券のみで導入されており、月の取引額が50万円までであれば、月額利用料が200円となります。

SBIネオモバイル証券は、SBI証券が始めた新サービスで、Tポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができるサービスです。

1回の取引額が50万円以上する銘柄を、月に何度も取引する場合は、こちらがお得となる場合もあるでしょう。

>>SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券 口座開設

使い勝手・情報収集のしやすさも重視しましょう

松井証券のデメリット 使い勝手は今一つ

先ほど説明したように、証券会社を選ぶときの1番のポイントは手数料です。

しかし、銘柄を選んだり、保有株を管理するときに、

  • 証券会社のページの見やすさ
  • 情報収集がしやすいか

といった使い勝手も重要です。

手数料でダントツの優秀さを見せた松井証券ですが、デメリットとしては、正直、使い勝手の面では今一つです。

使い勝手・情報収集面では、おすすめは「SBI証券」

この点では、SBI証券に配配が上がります。

このため、いけやんは、松井証券とSBI証券の2つをメインバンクとし、

売買は松井証券情報収集はSBI証券

という二刀流の使い分けをしています。

SBI証券で優れている点を見ていきましょう。

各銘柄のページが充実

SBI証券の各銘柄のページです。

株価、板、チャートと併せて、利回り、配当、PER、PBRといった基本的な情報がきれいにまとまっており、見やすいです。

四季報を見ることができる

SBI証券では、四季報に載っている情報もみることができます。

四季報は会社から出されるIR情報以外に、四季報記者が取材して得た見解などが載っています。

これは株価変動にも影響を与えると言われているため、押さえておくのがベターです。

四季報は、四半期ごとに発売されており、紙の本で買うと2300円しますが、SBI証券に口座開設していると無料で見ることができます

ポートフォリオページが充実

SBI証券では、株リストであるポートフォリオのページが見やすいです。

(↑ここから各個別の銘柄ページに飛べるようになっています。)

ポートフォリオは、目を付けている銘柄の値動きを確認するのに、ぜひとも欲しい機能です。

1リスト(ポートフォリオ)あたり、50銘柄まで登録することができ、最大で200個のリストを作成することができます。(これだけあれば、十分ですね)

スクリーニング機能が充実

SBI証券では、銘柄のスクリーニング機能も充実しています。

「東証1部で10万円以下で購入できる銘柄」とか、

「配当性向が40%以下で、配当利回りが5%以上(高い順に表示)」といった、

自分の調べたい条件で銘柄を絞り込んで比較することができます。

一例を紹介しましたが、SBI証券では、ページの使い勝手や情報収集が優れモノですので、取引をしない場合でも、是非とも開設しておきたいところです。

松井証券、SBI証券の口座開設

いずれも口座開設はネットからできます。

もちろん、いずれも、口座の開設・維持に手数料は一切かかりません

まずは開設しておいて間違いないとおすすめできる2口座です。

松井証券の口座開設

松井証券の口座は、下のページから開設することができます。

>>松井証券 口座開設はこちらから

松井証券

SBI証券の口座開設

SBI証券の口座は、下のページから開設することができます。

>> SBI証券 口座開設はこちらから

SBI証券で 口座開設

まとめ

証券会社を選ぶときのポイント・選び方について、解説しました。

いけやんも実際に使っているとおり、

手数料の安さから実際の取引をするのは、松井証券

情報収集の面から、SBI証券

がおススメです。

これらの証券口座をまだ開いていない方は、ぜひこの2つから開設していきましょう。

お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた