不労所得を得る方法 楽天カードで投資信託を買ってポイントGET

投資信託

 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”(@ikeike_009)です。

 

この記事では、不労所得を得たいと思っている方に対し、

毎月500円の不労所得がもらえる

楽天カードでの投資信託の購入

について、紹介します。

 

 

楽天カード 公式ページ

 

楽天証券 公式ページ

 

 

 

楽天カードでの投資信託を購入は、ローリスクで毎月500円(年間6000円)の不労所得が得られる方法です。

 

 

利益はおこづかい程度ですが、損失が出るリスクは極めて低いです。

 

  • SBI証券のIPOチャレンジポイント
  • ふるさと納税

 

と並んで、3大・今すぐ始めるべき不労所得GET手法としています。(いけやん認定)

 

この楽天証券のサービスは、2018年に始まりました。

 

まだ始めていない方は、この記事を読んでぜひ始めていただきたいと思います。

 

楽天カードでの投資信託購入とは

概要

楽天カード(クレジットカード)で投資信託が買える楽天証券・楽天カードのサービスです。

 

2018年に開始しています。

投信購入でポイントがつくのは楽天独自のサービス

通常のクレジットカードのポイントといえば、買い物利用などのポイントが付くものがほとんどです。

 

そんな中、投資信託の購入に対してポイントが付くのは楽天の強みです。

 

証券部門とクレジット部門を併せ持つ楽天グループの強みが出た施策であると言えます。

 

月500円の不労所得

投資信託の購入金額は、月5万円が上限です。

(上限がないと無限にポイントがもらえてしまいますw)

 

還元率は1%なので、月500円のポイントがお小遣いとしてもらえることになります。

 

楽天カードでの投資信託購入で不労所得を得るには

なぜ利益が出るか?

楽天カードの投信購入で利益が出る流れです。

 

  • 5万円の投資信託を購入(毎月の定期積立設定)@楽天証券

  • 500円分のポイントがつく(クレジット引き落とし時)@楽天カード

  • 次回から貯まった楽天ポイントがあるので、5万円の投信購入に対し、引き落としは49,500円となる=500円の「不労所得」発生!

確実に500円もらえるのか?

厳密には購入した投資信託の価格は、日々変動します。

 

ずっと持ち続けて価格上場を狙ってもいいですし、残念ながら価格が下がることもあります。

 

いずれにせよ、+500円(1%)の状態からスタートしています。

 

また、利益を500円で確定させるのであれば、購入したその日に即売却してしまえばOKです。

 

利益を得るには、どんな作業が必要か?

  • 投資信託の購入積み立て設定(必須・初回のみ)
  • 毎月の売却作業クレジットカード引き落としの銀行口座へ出金(月1回・利益を500円で確定させる場合だけ。)

利益を得るには、どのぐらいの期間かかるか

最初に設定してから、初回の購入までは1~2か月程度かかります。以降毎月もらえます。

 

利益を得るには、元金はいくら必要か

最低5万円必要です。

 

この5万円を銀行口座(クレジット引き落とし用)と証券口座の間をクルクル回しましょう。

 

ただし、引き落とし日までに資金繰りすることを考えると、10万円あればより安心です。

 

楽天カードでの投資信託購入のメリット3点

極めてローリスクで500円もらえる

投資信託の価格は日々変動します。

 

しかし、購入したその日にすぐ売却すれば、この価格変動リスクは0に近づけることができます。

 

毎月500円をもらう上でのリスクは、限りなく0といっていいレベルです。

楽天カードで貯まった他のポイントも使える

楽天カードをほかの買い物などでも使う場合、そちらのポイントも投信の購入に充てることができます。

 

クレジットポイントの換金率・換金性が高い

通常、クレジットカードのポイントは、その系列のサービスに換金できるものが多いです。

 

  • 百貨店系のカードであれば、買い物割り引き
  • 交通系のカードなら、座席のアップグレード

など。

 

楽天カードのポイントも、従来は楽天市場などでのポイント利用に限られましたが、このサービスが始まって以来、

 

  • 現金相当の価値があり(換金性が高く)
  • そのまま投資できる利便性

 

が産まれました。

楽天カードでの投資信託購入のデメリット3点

毎月作業が必要

確実に500円の利益を確定させるのであれば、月1回の売却、出金作業が必要となります。

数分で終わる作業ですが、マメでない方にはめんどくさいかもしれません。

月初の投信売却をサボっていると、その間に価格が下がることもある

また、ウカウカしていると、価格変動によって利益が500円よりも下がってしまうこともあります。

いつ終了するか分からない

2018年にスタートしたこのサービスは、今のところ継続しています。

 

しかし、明らかにローリスクで500円相当のポイントがもらえてしまう制度であることからもわかるとおり、

楽天カード・楽天証券の会員数増が目的キャンペーン要素が強いサービスです。

 

したがって、いつまで継続するかは不透明です。

 

ある程度、会員数が獲得できたら、終了してしまうことも十分考えられます。

 

今のサービスが続けている限りは、お得なサービスであることは間違いないので、まだの方は、今すぐ始めるようにしましょう。

楽天カードでの投資信託購入の始め方

最後に

  • 楽天カードで投資信託を購入して月500円の不労所得をもらう手順

です。

 

① まだの人は、口座開設(楽天証券)・クレジット(楽天カード)申し込み

② クレジット(楽天カード)の引き落とし銀行口座に5万円入金

③ 楽天証券にて、投資信託の定期積立購入を設定

④ 毎月1日に即売却して、クレジット(楽天カード)の引き落とし銀行口座に5万円出金

いつまで続くかわからないので、メインのクレジットが楽天カードでない方も、楽手カードの発行・楽天証券の投信設定だけは、今すぐ始めることをおススメします。

 

楽天カード 公式サイト

 

≫楽天証券 公式サイト

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!


 

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式
新興国債権
 
保有銘柄・他の月の配当金入金はこちらで公開しています

保有銘柄・ポートフォリオはこちら

他の月の配当金の入金状況はこちら

 

不労所得・配当金が月5万円に至る軌跡、最新ポートフォリオ

 

米国株に比べ、日本株の配当利回りは、なぜ低いのか?

 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

 

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました