[8411]みずほフィナンシャルグループの株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[8411]みずほフィナンシャルグループの利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2020/04/05

証券会社の選び方・ポイント ~おすすめは松井とSBIの二刀流~

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(銀行)

[8411]みずほフィナンシャルグループ 企業情報

企業概要

[8411]みずほフィナンシャルグループは、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券などを傘下に収めるみずほグループの統括企業です。同社の発足は、2003年。

本社は東京都千代田区。

また、みずほ銀行は、2000年に第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業の合併・再編によって誕生しており、3大メガバンクの一角を占めています。

本社(大手町タワー)

メガバンクとは

日本の3大メガバンクとは、

の3銀行のことを言います。

巨大な資産や収益規模を持つ銀行および銀行グループ。2000年4月のみずほグループの誕生で国内メガバンク時代が幕開けし、01年末までに三井住友、三菱東京、UFJが誕生。その後、メガバンク同士(三菱東京とUFJ)の統合を経て、3大金融グループに集約された。1970年代には大手金融機関は25行あったが、90年代はバブル崩壊に伴う不良債権が銀行の経営を直撃、経営破たんが相次ぎ、金融不安が表面化。政府は不良債権処理促進のために大手行にも巨額の公的資金を投入。各行は収益力向上と規模の利益を追求、合従連衡が一気に進んだ。

コトバンクより引用

日本の銀行資産額ランキング

日本の銀行の資産高ランキングを見てみます。

[8411]みずほFGは、第2位につけています。

順位 銀行 資産額(兆円)
1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 269.7
2 みずほフィナンシャルグループ 203.7
3 三井住友フィナンシャルグループ 170.7
4 農林中央金庫 93.6
5 りそなホールディングス 49.5
6 野村ホールディングス 43.5
7 三井住友信託銀行 40.2
8 信金中央金庫 34.4
9 横浜銀行 15.4
10 ふくおかフィナンシャルグループ 15.2

[8411]みずほフィナンシャルグループ 株価

[8411]みずほフィナンシャルグループの株価は、117.1円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約1.2万円です。

国内株式の中でも有数の少額購入可能銘柄です。小回りが利きやすい点は魅力です。

ここ数か月は、株価が急激に下落していますが、銀行の倒産は考えにくく、高利回りの下支えにより、反発を期待しています。

1年チャート

5年チャート

[8411]みずほフィナンシャルグループ 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当金関係の基本情報です。(執筆時点)

配当金

[8411]みずほフィナンシャルグループの1株当たりの配当金は、7.5円です。

100株保有の場合、年間750円の配当金が支払われます。

配当利回り

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当利回りは、6.4%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

6.4%✕ 0.79685=5.1% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[8411]みずほフィナンシャルグループの権利確定月は、3月・9月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/03/31です。

権利付最終日の2020/03/27時点で保有している必要があります。

配当性向

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当性向は、40%です。

[8411]みずほフィナンシャルグループ 配当金まとめ

株価 117.1円
年間配当 7.5円
最低購入額(100株) 約1.2万円
年間配当(100株) 750円
利回り(税引き前) 6.4%
実質利回り(税引き後) 5.1%

2020/04/05時点

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(銀行)

[8411]みずほフィナンシャルグループ 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当金支払い実績です。

安定的に推移しています。

配当利回りの推移

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当利回りの推移です。

元々銀行株の中で利回りが高い銘柄でしたが、最近の株価下落により、4%後半に突入し、いよいよ購入欲が高まる範囲に入っています。

配当性向の推移

[8411]みずほフィナンシャルグループの配当性向の推移です。

基本的には40%未満の配当性向であり、無理な配当ではないといえます。

[8411]みずほフィナンシャルグループ 業績

経常収益

[8411]みずほフィナンシャルグループの経常収益です。

(単位:百万円)

経常利益

[8411]みずほフィナンシャルグループの経常利益です。

(単位:百万円)

業務純益

[8411]みずほフィナンシャルグループの業務純益です。

(単位:百万円)

純利益

[8411]みずほフィナンシャルグループの純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[8411]みずほフィナンシャルグループは、購入単価の低さと高利回りが魅力の銘柄です。

メガバンクの中で3番手でやや頼りない印象がある同行ですが、国内株式の銘柄としては、幾分かは保有すべき銘柄と考えています。

購入手数料が一番安い証券会社

50万円以下で売買できる銘柄は、松井証券取引手数料なしで最もお得です。

松井証券

(口座開設ページが開きます)

株式(現物)の売買手数料[税抜き]

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券(※) 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

※松井証券は、「1注文ごと」の手数料体系がなく、「1日の合計取引額」が50万円以下であれば、無料で売買ができます。

以前は10万円までが手数料無料枠でしたが、2019年12月に体系が変わり、手数料無料枠が50万円まで拡大しました。

上場銘柄の9割以上がカバーされることとなり、株式投資を行う人に必須の口座となりました。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた