IPO(新規公開株)トップ

IPOの基本

この記事では、IPO投資をやったことがない方に向けて、IPOの基本を解説していきます。

順番に読み進めていくことで、

  • IPO投資とは、どんなものか?
  • どうして、IPO投資で利益が出るのか?
  • IPO投資で利益を得るには、どうすればよいのか?

などについて、理解いただけるように書いていきます。 

【1】IPO(新規公開株)とは

【2】これまでにどんな企業が上場してきたか(過去のIPO例)

【3】IPO(新規公開株)では、高い確率で初値が上昇する

【4】IPO(新規公開株)では、なぜ初値が上昇するのか?

【5】IPO(新規公開株)は、初値で売った方がいいのか?

【6】IPO(新規公開株)は「当たれば」ローリスクで利益が出る投資方法

【7】IPO(新規公開株)はどうすれば購入できるのか?

【8】IPO(新規公開株)をネット証券会社から購入する手順

【9】IPO(新規公開株)で当選確率を上げる方法

【10】IPO(新規公開株)で持っておくべきおススメの証券口座

証券会社別 IPOルール

証券会社 余力なしで申し込み 資金拘束 同資金申込
SBI証券 × 当選・補欠当選時
マネックス証券 × 申込時(BB参加時) ×
SMBC日興証券 × 申込時(BB参加時) ×
ライブスター証券 購入申込時
松井証券 購入申込時
岡三オンライン証券 購入期間前
大和証券 × 購入申込時
東海東京証券 × 抽選時
立花証券 × 当選・補欠当選時
GMOクリック証券 × 抽選時
楽天証券 × 購入申込時 ×
岩井コスモ証券 × 購入申込時 ×

↑ 各証券会社のIPO紹介ページへ(取り扱い数・抽選、申し込みルール)

IPO投資でもっておきたい証券口座

証券会社 ネット配分 平等抽選

ライバル数(口座数)

IPO取扱数(2010~2019年)

SBI証券 50% 35% 多(513万) 多(598)
SMBC日興証券 15% 10% 多(226万) 多(531)
マネックス証券 100% 100% 中(184万) 多(349)
大和証券 25% 15% 多(335万) 多(338)
岩井コスモ証券 100% 10% 少(41万) 中(237)
auカブコム証券 100% 100% 中(114万) 中(202)
東海東京証券 10% 10% 少(34万) 中(161)
岡三オンライン証券 100% 100% 少(23万) 少(133)
松井証券 70% 70% 中(121万) 少(110)
楽天証券 100% 100% 多(375万) 少(96)

↑ 各証券会社の公式ページ

証券会社別 IPO取り扱い数(2010年~2019年)

証券会社別 口座開設数(ライバル数)

◎IPO投資でもっておきたい証券口座

◇SBI証券◇
SBI証券で 口座開設
◇SMBC日興証券◇
◇大和証券◇ 
◇マネックス証券◇
マネックス証券
◇auカブコム証券◇

スポンサーリンク

シェアする