SBI証券 IPO取り扱い数・抽選・申し込みルール

≫公式サイト(SBI証券)

SBI証券 IPO(新規公開株)基本情報

取り扱い銘柄数 多い
ライバルの数 多い
ネット抽選割り当て 普通
その他 チャレンジポイント制

【SBI証券 IPO】取り扱い銘柄数

SBI証券のIPO取り扱い銘柄数は、年間82(2019年実績)で、取り扱い数は、多いです。

SBI証券 IPO取り扱い実績数
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
82 86 86 76 82 65 44 38 26 13

【SBI証券 IPO】ライバル数(開設口座数)

SBI証券の開設口座数は、513万件で、ライバルの多さは、多いです。

【SBI証券 IPO】割り当てルール

SBI証券 IPOでは、50%がネット抽選に割り当てられます。

証券会社内でIPOをネット抽選に振り分ける割合は、普通です。

【SBI証券 IPO】抽選方式

SBI証券 IPOでは、割り当て数のうち、35%が、平等抽選方式(1口座1票抽選)です。

資金力がない個人投資家に有利な1口座1票抽選の割合は、普通です。

SBI証券 IPO(新規公開株)申し込みルール

入金なしで抽選申し込み ×(できない)
資金拘束時期 当選・補欠当選時
同一資金で他IPOへの申し込み 〇(できる)
その他  

【SBI証券 IPO】申し込み時、資金が必要か

SBI証券 IPOでは、ブックビルディング(IPO抽選申し込み)時に資金を入金している必要があります

このため、申し込みをするのに、資金余力・資金移動を考慮する必要があります。

【SBI証券 IPO】資金拘束時期

SBI証券 IPOでは、当選・補欠当選時点で資金が拘束(※)されます。

(※)= 申し込んだ分の資金が購入余力から差し引かれる = 他のIPOのための資金に影響する

当選よりも後に資金が拘束されるため、ほどほど入金(30~50万円程度)でも複数のIPOを同時に申し込むことができます。

【SBI証券 IPO】同一資金で他のIPOに申し込めるか

SBI証券 IPOでは、ブックビルディング(IPO抽選申し込み)時点で、その分の購入余力が減少しません。

このため、同一資金で他のIPOに申し込むことはできます

【SBI証券 IPO】その他ルール

SBI証券の「チャレンジポイントIPO」は、抽選に外れてもポイントが付き、これを貯めることで、次回以降の抽選で当選確率が上がるユニークな方式がとられています。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−
オンライントレードならSBI証券(旧SBIイー・トレード証券)。株式・投資信託・債券などをお取り扱い。業界屈指の格安手数料と豊富な情報、充実のサービスで投資ライフをしっかりサポート!

【SBI証券 IPO】銀行ごとの資金移動のしやすさ

楽天
住信SBI
セブン
ジャパンネット
ソニー ×
ゆうちょ
三菱UFJ
三井住友
みずほ
りそな

〇:手数料なく、「証券⇔銀行間」で即時入金サービスが使える

≫公式サイト(SBI証券)

← IPOトップへ