東海東京証券 IPO取り扱い数・抽選・申し込みルール

≫公式サイト(東海東京証券 IPO紹介ページ)

東海東京証券 IPO(新規公開株)基本情報

取り扱い銘柄数 普通
ライバルの数 少ない
ネット抽選割り当て 少ない
その他  

【東海東京証券 IPO】取り扱い銘柄数

東海東京証券のIPO取り扱い銘柄数は、年間27(2019年実績)で、取り扱い数は、普通です。

東海東京証券 IPO取り扱い実績数
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
27 20 11 15 28 23 13 12 9 3

【東海東京証券 IPO】ライバル数(開設口座数)

東海東京証券の開設口座数は、34万件で、ライバルの多さは、少ないです。

【東海東京証券 IPO】割り当てルール

東海東京証券 IPOでは、10%がネット抽選に割り当てられます。

証券会社内でIPOをネット抽選に振り分ける割合は、少ないです。

【東海東京証券 IPO】抽選方式

東海東京証券 IPOでは、割り当て数のうち、10%が、平等抽選方式(1口座1票抽選)です。

資金力がない個人投資家に有利な1口座1票抽選の割合は、少ないです。

東海東京証券 IPO(新規公開株)申し込みルール

入金なしで抽選申し込み ×(できない)
資金拘束時期 抽選時
同一資金で他IPOへの申し込み 〇(できる)
その他  

【東海東京証券 IPO】申し込み時、資金が必要か

東海東京証券 IPOでは、ブックビルディング(IPO抽選申し込み)時に資金を入金している必要があります

このため、申し込みをするのに、資金余力・資金移動を考慮する必要があります。

【東海東京証券 IPO】資金拘束時期

東海東京証券 IPOでは、抽選時点で資金が拘束(※)されます。

(※)= 申し込んだ分の資金が購入余力から差し引かれる = 他のIPOのための資金に影響する

当選が分かる前に資金が拘束されてしまうため、複数のIPOを同時に申し込むのに、ある程度の多めの入金が必要となります。

【東海東京証券 IPO】同一資金で他のIPOに申し込めるか

東海東京証券 IPOでは、ブックビルディング(IPO抽選申し込み)時点で、その分の購入余力が減少しません。

このため、同一資金で他のIPOに申し込むことはできます

≫公式サイト(東海東京証券 IPO紹介ページ)

← IPOトップへ