[4042]東ソーの株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[4042]東ソーの利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2020/02/22

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(化学)

[4042]東ソー 企業情報

企業概要

[4042]東ソーは、塩ビ・苛性ソーダで大手の化学メーカーです。

本社は東京都港区。

事業内容

[4042]東ソーの事業内容です。

化学品事業

創業以来、経営と技術展開の核となっている事業です。

アジア最大級の電解設備を持ち、苛性ソーダと塩素、そして水素が生産されます。

苛性ソーダは、紙・パルプや化学繊維、アルミナなど幅広い産業で使われています。

塩素は塩ビモノマー、塩ビ樹脂をはじめ各種塩化物に展開され、さらに、水素は石英素材の製造に利用されています。

ウレタン事業

自動車、家電、住宅、医療用機器といった私たちの生活の身近なところで使用されているポリウレタン。

その用途は、断熱材、緩衝剤、塗料、接着剤、繊維、エラストマーなどの多種多様な分野におよびます。

オレフィン事業

四日市霞コンビナートにあるナフサクラッカーを核に展開。

エチレンベースで年産49.3万トンと、 国内のナフサクラッカーの中では上位に位置付けられます。

ポリマー事業

独自性かつ特色あるポリマー(高分子)事業を目指し、ポリエチレンと機能性ポリマーの領域を 融合しながら事業を展開。

機能性ポリマーでは、クロロプレンゴムなどの特殊合成ゴム、特殊塩ビのペースト塩ビ、エンジニアリングプラスチックのPPS、粘着性付与剤の石油樹脂などがあります。

化学メーカー内の業界順位

[4042]東ソーの業界内順位です。

売上高ランキングで同社は第7位となっています。

順位 企業名 売上高(億円)
1 三菱ケミカルHD 39,234
2 住友化学 23,185
3 信越化学工業 15,940
4 三井化学 14,829
5 旭化成 11,762
6 東レ 8,688
7 東ソー 8,614
8 日東電工 8,064
9 DIC 8,054
10 エア・ウォーター 8,014

[4042]東ソー 株価

2020/02/22時点)

[4042]東ソーの株価は、1631円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約16.3万円です。

1年チャート

5年チャート

[4042]東ソー 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[4042]東ソーの配当金関係の基本情報です。

2020/02/22時点)

配当金

[4042]東ソーの1株当たりの配当金は、56円です。

100株保有の場合、年間5600円の配当金が支払われます。

配当利回り

[4042]東ソーの配当利回りは、3.43%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

3.43%✕ 0.79685=2.73% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[4042]東ソーの権利確定月は、3月・9月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/03/31です。

権利付最終日の2020/03/27時点で保有している必要があります。

配当性向

[4042]東ソーの配当性向は、25%です。

[4042]東ソー 配当金まとめ

株価 1631円
年間配当 56円
最低購入額(100株) 約16.3万円
年間配当(100株) 5600円
利回り(税引き前) 3.43%
実質利回り(税引き後) 2.73%

2020/02/22時点)

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(化学)

[4042]東ソー 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[4042]東ソーの配当金支払い実績です。

2015年~2018年の間で大きく増配され、2019年は据え置きとなっています。今後の推移に注目したいところです。

配当利回りの推移

[4042]東ソーの配当利回りの推移です。

配当利回りは、1~3%台の間で推移しています。

配当性向の推移

[4042]東ソーの配当性向の推移です。

配当性向は、おおむね40%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。

[4042]東ソー 業績

売上高

[4042]東ソーの売上高です。

(単位:百万円)

営業利益

[4042]東ソーの営業利益です。

(単位:百万円)

経常利益

[4042]東ソーの経常利益です。

(単位:百万円)

純利益

[4042]東ソーの純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[4042]東ソーは、大手の化学メーカーです。

利回りの上昇傾向が見られ、今後の推移をよく確認しながら、購入を検討していきたい企業です。

購入手数料が一番安い証券会社

50万円以下で売買できる銘柄は、松井証券取引手数料なしで最もお得です。

松井証券

(口座開設ページが開きます)

株式(現物)の売買手数料[税抜き]

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券(※) 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

※松井証券は、「1注文ごと」の手数料体系がなく、「1日の合計取引額」が50万円以下であれば、無料で売買ができます。

以前は10万円までが手数料無料枠でしたが、2019年12月に体系が変わり、手数料無料枠が50万円まで拡大しました。

上場銘柄の9割以上がカバーされることとなり、株式投資を行う人に必須の口座となりました。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた