[4063]信越化学工業の株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[4063]信越化学工業の利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2020/02/22

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(化学)

[4063]信越化学工業 企業情報

企業概要

[4063]信越化学工業は、大手化学メーカーです。

本社は東京都千代田区。

沿革

[4063]信越化学工業は、1926年に長野県長野市にて肥料の会社からスタートしています。

当初、新潟県上越市の工場で、日本窒素肥料水俣工場の技術を導入し、石灰窒素を生産していました。

同根企業には、旭化成、積水化学工業、積水ハウスなどがあります。

高い業界シェア

[4063]信越化学工業は、現在では、塩化ビニル樹脂、シリコーン樹脂などを主力商品としています。

特に塩化ビニルウエハ(半導体素子の材料)では世界シェア首位シリコーン樹脂では日本で最大のシェアを誇っています。

製品

[4063]信越化学工業の製品一例です。

塩ビ製品

塩ビパイプ

塩化ビニルを用いた上下水道管を製造しています。

農業用ビニルハウス

農業用ビニルハウスのビニルに使われています。

苛性ソーダ

紙・パルプ

再生紙を製造する際、古紙を溶解し、漂白する過程で使われています。

高吸水性ポリマー

紙おむつの吸収剤として活用されています。

シリコン事業

コンタクトレンズ

酸素透過性に優れているため 、コンタクトレンズの素材として活用されています。

建物

ガラス窓周りの防水シーリング材として使われています。

化学業界内の順位

[4063]信越化学工業の化学業界内の順位です。

信越化学工業は、売上高ランキング第3位となっています。

順位 企業名 売上高(億円)
1 三菱ケミカルHD 39,234
2 住友化学 23,185
3 信越化学工業 15,940
4 三井化学 14,829
5 旭化成 11,762
6 東レ 8,688
7 東ソー 8,614
8 日東電工 8,064
9 DIC 8,054
10 エア・ウォーター 8,014
11 大陽日酸 7,403
12 宇部興産 7,301

[4063]信越化学工業 株価

2020/02/22時点)

[4063]信越化学工業の株価は、13755円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約137.6万円です。

1年チャート

5年チャート

[4063]信越化学工業 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[4063]信越化学工業の配当金関係の基本情報です。

2020/02/22時点)

配当金

[4063]信越化学工業の1株当たりの配当金は、220円です。

100株保有の場合、年間22000円の配当金が支払われます。

配当利回り

[4063]信越化学工業の配当利回りは、1.6%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

1.6%✕ 0.79685=1.27% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[4063]信越化学工業の権利確定月は、3月・9月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/03/31です。

権利付最終日の2020/03/27時点で保有している必要があります。

配当性向

[4063]信越化学工業の配当性向は、24%です。

[4063]信越化学工業 配当金まとめ

株価 13755円
年間配当 220円
最低購入額(100株) 約137.6万円
年間配当(100株) 22000円
利回り(税引き前) 1.6%
実質利回り(税引き後) 1.27%

2020/02/22時点)

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(化学)

[4063]信越化学工業 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[4063]信越化学工業の配当金支払い実績です。

100円一定の配当金が続いていましたが、2016年以降増配が始まり、2019年は一気に200円まで増配されています。

配当利回りの推移

[4063]信越化学工業の配当利回りの推移です。

配当利回りは、1~2%台の間で推移しています。

配当性向の推移

[4063]信越化学工業の配当性向の推移です。

配当性向は、おおむね50%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。。

[4063]信越化学工業 業績

売上高

[4063]信越化学工業の売上高です。

(単位:百万円)

営業利益

[4063]信越化学工業の営業利益です。

(単位:百万円)

経常利益

[4063]信越化学工業の経常利益です。

(単位:百万円)

純利益

[4063]信越化学工業の純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[4063]信越化学工業は、近年、増配傾向が見られる企業です。

配当利回り自体はまだまだ低いため、様子を見ながら購入を検討したい企業です。

購入手数料が一番安い証券会社

50万円以下で売買できる銘柄は、松井証券取引手数料なしで最もお得です。

松井証券

(口座開設ページが開きます)

株式(現物)の売買手数料[税抜き]

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券(※) 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

※松井証券は、「1注文ごと」の手数料体系がなく、「1日の合計取引額」が50万円以下であれば、無料で売買ができます。

以前は10万円までが手数料無料枠でしたが、2019年12月に体系が変わり、手数料無料枠が50万円まで拡大しました。

上場銘柄の9割以上がカバーされることとなり、株式投資を行う人に必須の口座となりました。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた