[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループ 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

などについて、紹介します。

(更新日:2020/09/20

【投資スタイル別】証券会社・徹底比較ランキング【複数使い分けよう】
こんにちは。 配当サラリーマンの“いけやん”(@ikeike_009)です。 この記事では、 投資スタイルごとに応じた、各証券会社の「お得な使い分け方」について知りたい人 に向けて、 ...
米国株式の配当利回りランキング 1~10位
こんにちは。 配当サラリーマンの“いけやん”です。 この記事では、 米国株式の配当利回りランキング 1~10位 について、紹介します。 (更新日:2020/09/12) ...
米国株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(金融)
こんにちは。 配当サラリーマンの“いけやん”です。 この記事では、 金融セクター 銘柄リスト・配当利回り について、紹介します。 (最終更新日:2020/09/20) 金融セクタ...

[PFG]企業概要

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの企業概要です。

プリンシパル・ファイナンシャル・グループは企業・個人向けに退職貯蓄、投資、保険の各商品とサービスを提供。中小企業を中心に確定拠出年金制度や従業員持株制度など各種年金制度の運営・管理サービス、年金商品と投資信託商品、団体生命、歯科・眼科、所得補償保険を、個人向けには投資信託、投資アドバイス、資産管理、生命保険、所得補償保険商品を提供する。

[PFG]株価

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの株価は、40.16ドルです。

[PFG]配当利回り

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当利回りは、5.58%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

5.58✕ 0.79685(日本国内)✕ 0.9(米国内)=4% 

となります。

[PFG]配当性向

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当性向は、40%です。

[PFG]配当金・支払い頻度

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当金・支払い頻度です。

配当金(年間)

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの直近1年間の配当金は、2.24ドルです。

配当金の支払い頻度

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当金支払い頻度は、年4回(3か月ごと)です。

[PFG]配当金の権利確定月・配当支払い月

配当金の権利確定月・権利確定日

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当金の権利確定月は、2月・5月・9月・12月です。

権利確定日は、2/28 ・ 5/31 ・ 9/4 ・ 12/2付近です。

配当金の支払い月・支払い日

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当金の支払い月は、3月・6月・9月・12月です。

配当金の支払い日は、3/30 ・ 6/27 ・ 9/27 ・ 12/27付近です。

[PFG]株価・配当金まとめ

株価 40.16ドル
年間配当金 2.24ドル
利回り (税引き前) 5.58%
(税引き後) 4%
配当性向 40%
権利確定月 2月・5月・9月・12月
配当金支払い月 3月・6月・9月・12月

2020/09/20時点)

[PFG]配当利回り推移

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの過去の配当利回りの推移です。

[PFG]配当金支払い実績

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの過去の配当金の推移です。(税引き前)

[PFG]増配状況

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの配当金の増配状況です。

連続増配年数は、8年間です。

5年前、10年前、15年前と比較した配当の増配状況は、次のとおりです。(今年=100)

増配率
対15年前 対10年前 対5年前 今年
25 23 59 100

[PFG]最新情報(Dividend.com)

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの最新情報は、Dividend.comでも調べることができます。

[PFG]プリンシパルファイナンシャルグループの最新情報(Dividend.comのページへ)

Dividend.comは英語のサイトですが、使い方はこちらの記事でも解説しています。

米国株式の利回り・配当金を海外サイトで調べる方法【画像・日本語訳付き】
こんにちは。 配当サラリーマンの“いけやん”です。 この記事では、 米国株式の株価・配当金・利回りなどを調べる方法 について、画像・日本語訳付きで解説します。 米国株式の配当金情報は、”divi...

海外株式の取引でおすすめの証券会社

海外株式(米国)の購入は、SBI証券が一番使いやすいと思います。

SBI証券の外国株式は、

定期購入設定の使い勝手が抜群である

円⇔ドルの為替手数料が安い

の2つが他の証券会社に比べて魅力です。

米国株(アメリカ株)を取り扱う証券会社3社を比較 おすすめはSBI

まだの方は、こちら(⇒ SBI証券 )から開設することができます。

SBI証券


お読みいただき、ありがとうございました!

◇◆ このサイトについて ◆◇

このサイトは、高配当株の投資で、【不労所得】を増やしていく楽しさを少しでも多くの人に知ってもらいたく、自分の経験を基に、更新を続けています。(素人の手作り感が満載ですが)

いけやん自身も会社の給料だけに依存しない配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。

株式投資は、初めはとっつきにくいですが、少しでも早く始めた人が有利なゲームです。

そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。

このサイトが、株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも有益な情報を提供できるよう、がんばります!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。

単元未満株で投資を始めるメリット、おすすめ証券会社

SBI証券で米国株の定期購入を設定する方法(画像で解説)

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた