【住信SBIネット銀行】手数料最安4銭でドルを購入(換金)する方法(画像解説)

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

住信SBIネット銀行円をドルに換金する方法

を解説します。

住信SBIネット銀行のドル購入手数料は最安

SBI証券でアメリカ株を購入するには、ドルを購入する必要があります。

SBI証券直接、円をドルに換金することもできますが、

1ドルあたり25銭の購入手数料

がかかるのに対し、

住信SBIネット銀行で換金すれば、

1ドルあたり4銭の購入手数料

で購入することができます。

(計算を簡単にするため1ドル=100円とすると)

手数料率が0.2%から0.04%に下がることになります。

この数字は、そのまま運用の利回り減につながるので、是非とも住信SBIネット銀行で換金したいところです。

住信SBIネット銀行は、運用面でも便利なネット銀行

住信SBIネット銀行は、外貨両替だけでなく、普段使いの運用面でも優れた、大変優秀な銀行です。

住信SBIネット銀行で円⇒ドルに換金する手順・解説

今回は、15万円ドルに換金する場合で、順番に説明していきます。(スマホサイト)

ログイン後、「外貨預金」をタップ

「外貨普通預金」をタップ

「お取引メニュー」をタップ

「注文・為替レート」をタップ

「米ドル・買付」をタップ

「出金口座(円建て)」をタップ

今回は、代表口座から出金する場合で説明します。

「入金先口座(ドル建て)」をタップ

「WEB取引パスワード」を入力

ここでは、住信SBIネット銀行の取引パスワードを入力します。

注文内容を確認し、「確定」をタップ

ウィークエンド注文とは?(土日注文)

今回は土日に行ったため、注文方法が「ウィークエンド」となっており、月曜日に換金が確定します。

平日の場合、即時購入できる

平日に換金を行うと、ここで「残り時間 10秒」の画面が表示され、時間以内に「確定」をタップすることで、その時点でのレートで換金が確定します。

(後日、別レートの時の画面です。)

10秒間経過すると、為替レートが更新され、次のレートでの取引時間(10秒間)が始まるため、焦る必要はありません。

以上で、住信SBIネット銀行でドルを購入することができました!

続いては、このドルを住信SBIネット銀行からSBI証券に移す必要があります。

このやり方は、下の記事で紹介しています。

【リンク】準備中

換金手数料の無料キャンペーンがあることも!(不定期)

住信SBIネット銀行のドル転手数料は、1ドルあたり4銭ですが、キャンペーンにより0銭(無料!)になることもあります。

定期的にチェックして、積極的に利用していきたいところです。

後から気づきましたが、どうやら、今回の換金もキャンペーン期間だったので、手数料無料だったようです。笑

まとめ

住信SBIネット銀行でドルを購入する方法を解説しました。

慣れると難しくないですが、最初はサイト内の動き方が少しわかりにくいかと思います。

こちらの記事が参考になりましたら、幸いです^^

お読みいただき、ありがとうございました!

【参考記事】米国株へ参入!(検討中)