IPO(新規公開株)は「当たれば」ローリスクで利益が出る投資方法

【1】IPO(新規公開株)とは

【2】これまでにどんな企業が上場してきたか(過去のIPO例)

【3】IPO(新規公開株)では、高い確率で初値が上昇する

【4】IPO(新規公開株)では、なぜ初値が上昇するのか?

【5】IPO(新規公開株)は、初値で売った方がいいのか?

【6】IPO(新規公開株)は「当たれば」ローリスクで利益が出る投資方法 ←今ここ

【7】IPO(新規公開株)はどうすれば購入できるのか?

【8】IPO(新規公開株)をネット証券会社から購入する手順

【9】IPO(新規公開株)で当選確率を上げる方法

【10】IPO(新規公開株)で持っておくべきおススメの証券口座

IPO(新規公開株)は「当たれば」ローリスクで利益が出る投資方法

ここまで見てきたように、

新規上場株は、

  • 主幹事の証券会社が、もろもろの事務手続きをお手伝いしながら、
  • 企業とともに大事な「公開価格」を決定し、
  • 上場初日に晴れて市場デビュー
  • そして初値は(だいたいの場合、)公開価格よりも高値がつく

という流れで上場を果たします。

ここまでの話で、

  • IPO銘柄をGETできた投資家は、ほぼノーリスクで利益を出せる1番有利な登場人物なのでは?

と思った方は、正解です。

IPO投資は、初値で売れば、経験的にほぼ利益が出るため、「上場前に手にすること」ができるかが勝負です。

逆にいうと、「手にすること」が難しいです。

次は、【7】IPO(新規公開株)はどうすれば購入できるのか?

← IPOトップへ

◎IPO投資でもっておきたい証券口座

◇SBI証券◇
SBI証券で 口座開設
◇SMBC日興証券◇
◇大和証券◇
◇マネックス証券◇
マネックス証券
◇auカブコム証券◇

スポンサーリンク

シェアする