[5108]ブリヂストンの株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[5108]ブリヂストンの利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2020/04/05

証券会社の選び方・ポイント ~おすすめは松井とSBIの二刀流~

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(石油・ゴム)

[5108]ブリヂストン 企業情報

企業概要

[5108]ブリヂストンは、世界最大手のタイヤメーカーです。

本社は東京都中央区。

沿革

[5108]ブリヂストンの創業の地は、福岡県久留米市。

元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(現在のアサヒシューズ株式会社)という、「たび」の会社からスタートしています。

その後、アサヒシューズ株式会社)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流。

1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となっています。

ブリヂストンの社名の由来

[5108]ブリヂストンの社名の由来は、創業者の石橋正二郎にちなみ英語の「ブリッジ」(橋)と「ストーン」(石)を合成したものであるのは有名な話です。

橋⇒石と順番が逆になったのは、「ストーンブリッジ」では語呂が悪いのが理由で、逆さにして「ブリヂストン」になったといわれています。

事業内容

[5108]ブリヂストンの売上高の8割は、タイヤ事業です。

売上高の残り2割は「タイヤ以外の多角化事業」での売上です。

多角化事業は、自動車関連部品、ウレタンフォーム、電子精密部品、工業資材関連用品、

建築資材関連用品などを取り扱っています。

(公式HPより引用)

地域別の売上高

[5108]ブリヂストンの世界地域別の売上高比率を見てみます。

最も多い売上は、欧州・ロシア・中近東・アフリカであり、次いで日本となっています。

売上高の多くを占める卸売先は、車メーカーであると推測されます。

地域 売上高(億円)
日本 11,705
米州 17,582
欧州・ロシア・中近東・アフリカ 5,961
中国・アジア・大洋州 6,338

[5108]ブリヂストン 株価

2020/04/05時点)

[5108]ブリヂストンの株価は、3094円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約30.9万円です。

1年チャート

5年チャート

[5108]ブリヂストン 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[5108]ブリヂストンの配当金関係の基本情報です。

2020/04/05時点)

配当金

[5108]ブリヂストンの1株当たりの配当金は、160円です。

100株保有の場合、年間16000円の配当金が支払われます。

配当利回り

[5108]ブリヂストンの配当利回りは、5.17%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

5.17%✕ 0.79685=4.12% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[5108]ブリヂストンの権利確定月は、6月・12月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/06/30です。

権利付最終日の2020/06/26時点で保有している必要があります。

配当性向

[5108]ブリヂストンの配当性向は、41%です。

[5108]ブリヂストン 配当金まとめ

株価 3094円
年間配当 160円
最低購入額(100株) 約30.9万円
年間配当(100株) 16000円
利回り(税引き前) 5.17%
実質利回り(税引き後) 4.12%

2020/04/05時点)

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(石油・ゴム)

[5108]ブリヂストン 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[5108]ブリヂストンの配当金支払い実績です。

毎年増配が継続されています。

配当利回りの推移

[5108]ブリヂストンの配当利回りの推移です。

増配に従い、利回りも上昇しています。今後も増配が継続され、4%台に達することがあれば購入検討圏内に入るといえます。

配当性向の推移

[5108]ブリヂストンの配当性向の推移です。

概ね40%以下の配当性向で推移しています。問題ないレベルであると思われます。

[5108]ブリヂストン 業績

売上高

[5108]ブリヂストンの売上高です。

(単位:百万円)

営業利益

[5108]ブリヂストンの営業利益です。

(単位:百万円)

経常利益

[5108]ブリヂストンの経常利益です。

(単位:百万円)

純利益

[5108]ブリヂストンの純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[5108]ブリヂストンは、世界最大のタイヤメーカーであり、増配傾向が魅力の銘柄です。

現時点で利回りが3%台ともう1歩ですが、今後の配当推移を注視しつつ、購入していきたい企業です。

購入手数料が一番安い証券会社

50万円以下で売買できる銘柄は、松井証券取引手数料なしで最もお得です。

松井証券

(口座開設ページが開きます)

株式(現物)の売買手数料[税抜き]

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券(※) 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

※松井証券は、「1注文ごと」の手数料体系がなく、「1日の合計取引額」が50万円以下であれば、無料で売買ができます。

以前は10万円までが手数料無料枠でしたが、2019年12月に体系が変わり、手数料無料枠が50万円まで拡大しました。

上場銘柄の9割以上がカバーされることとなり、株式投資を行う人に必須の口座となりました。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた