[8103]明和産業の株価・配当金・利回り

 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[8103]明和産業の利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2019/12/28

[8103]明和産業 企業情報

企業概要

[8103]明和産業は、化学産業などを扱う三菱グループの商社で、筆頭株主は三菱商事です。

会社設立は、1947年。GHQによる旧財閥解体時、三菱商事から独立し、誕生しています。

本社は東京都千代田区。

事業内容

[8103]明和産業は、化学品をはじめ潤滑油、電池材料、自動車関連、資源・環境関連などにおいて様々な事業を展開しています。

電池材料事業

リチウムイオン電池の普及を通じてスマート社会における安心安全なくらしとエネルギーベストミックスを実現

医薬関連開発事業

原薬・医薬中間体等の調達及び受託のサポート等を実施

石油製品事業

国内においては、JXTGエネルギー株式会社(JXTGE社)、三菱商事株式会社の特約店として、石油製品全般の供給体制を整えています。

中国においては、JXTGE社と中国石化潤滑油有限公司(SINOPEC潤滑油有限公司)との合弁で「天津日石潤滑油脂有限公司」などを有しており、各種潤滑油製品を生産。

[8103]明和産業 株価

2019/12/28時点)

[8103]明和産業の株価は、583円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約5.8万円です。

1年チャート

5年チャート

[8103]明和産業 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[8103]明和産業の配当金関係の基本情報です。

2019/12/28時点)

配当金

[8103]明和産業の1株当たりの配当金は、56円です。

100株保有の場合、年間5600円の配当金が支払われます。

配当利回り

[8103]明和産業の配当利回りは、9.61%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

9.61%✕ 0.79685=7.66% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[8103]明和産業の権利確定月は、3月・9月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/03/31です。

権利付最終日の2020/03/27時点で保有している必要があります。

配当性向

[8103]明和産業の配当性向は、41%です。

[8103]明和産業 配当金まとめ

株価 583円
年間配当 56円
最低購入額(100株) 約5.8万円
年間配当(100株) 5600円
利回り(税引き前) 9.61%
実質利回り(税引き後) 7.66%

2019/12/28時点)

[8103]明和産業 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[8103]明和産業の配当金支払い実績です。

10年弱で倍というペースで増配されています。

配当利回りの推移

[8103]明和産業の配当利回りの推移です。

1%後半~2%台での利回り推移です。高配当投資に組み込むにはもう一声欲しいところです。

配当性向の推移

[8103]明和産業の配当性向の推移です。

最大でも40%台でまでの配当性向となっています。無理のない範囲の配当であるといえます。

[8103]明和産業 業績

売上高

[8103]明和産業の売上高です。

(単位:百万円)

営業利益

[8103]明和産業の営業利益です。

(単位:百万円)

経常利益

[8103]明和産業の経常利益です。

(単位:百万円)

純利益

[8103]明和産業の純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[8103]明和産業は、化学品関係の商社です。

増配傾向が魅力の銘柄であり、配当推移を見守りつつ、投資していきたい企業です。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた