[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズ 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

 
 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

などについて、紹介します。(いずれも2019年5月時点)

[IBM]企業概要

企業概要

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズは、民間法人や公的機関を対象にコンピュータ関連製品・サービスを提供する企業です。世界最大級のシステムインテグレータ企業として、世界170カ国以上で事業を展開しています。

かつては、PC本体でIBM製のものが国内でも流通していた記憶がありますが、現在は撤退しています。

本社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンク。

沿革

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズは、1911年に設立された米CTR社が前身。もともとは、パンチカードによるデータ処理機器を開発していました。

1924年に現在の社名に変更し、電子計算機などを製作。後にパーソナルコンピューター(PC)の開発にも着手し、1981年に16ビットCPUを搭載したIBM PCを発表します。

オペレーティングシステム(OS)には、マイクロソフトのMS-DOSを採用し、仕様を全面的に公開したことで、一気にシェアを拡大します。

現在では、パーソナルコンピューターの開発・販売部門はLenovo社に売却し、インターネット事業のソリューション(Webサイトの開発・運営、高性能サーバー)などを提供するe-business(イービジネス)を中心に展開しています。

事業内容

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズは、以下の3つの事業分野で全体売上の9割近くを上げています。

・テクノロジサービス、クラウドプラットフォーム

・コグニティブ ソリューション

・グローバルビジネスサービス

TS&OP(Technology Services & Cloud Platforms)

[IBM]のテクノロジサービス、クラウドプラットフォーム(Technology Services & Cloud Platforms)は、顧客のビジネスをサポートする包括的なITインフラ、クラウドプラットフォームを提供します。特に、クラウド化による情報管理革命はこれからの時代、伸びしろのある分野であると思われます。

コグニティブソリューション(Cognitive Solutions)

[IBM]のコグニティブソリューション(Cognitive Solutions)は、顧客企業の内部情報をデータ解析、予測分析を行うことで、コンサルティング事業を展開します。人工知能「ワトソン」がよく知られています。

グローバルビジネスサービス(Global Business)

[IBM]のグローバルビジネスサービス(Global Business)は、ビジネスコンサル、ITコンサル、アプリケーション管理、保守を担う事業です。

セグメント別 売上比率

[IBM]のセグメント別売上比率です。上記にあげた3部門で9割近い売上を上げています。

セグメント 売上高
Technology Services & Cloud Platforms 352億5700万ドル
Cognitive Solutions 211億9700万ドル
Global Business Services 171億4300万ドル
Systems 88億4800万ドル
Global Financing 32億ドル

地域別 売上比率

[IBM]の地域別売上比率です。世界中において、バランスよく売り上げていることが分かります。

地域 売上比率
アメリカ 48%
ヨーロッパ・中東・アフリカ 31%
アジア・太平洋 21%

[IBM]株価

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの株価は、140.25ドルです。

 

リーマンショック前までは80ドル付近で推移していましたが、2010年代に入ったあたりから高騰し、130~200ドルのレンジで推移しています。当然、安値の際につかんでいきたいところですが、後述の通り、増配傾向が非常に強い銘柄のため、あまり購入時期にこだわりすぎなくても、狙った利回りは継続できるようにも思われます。

[IBM]配当金・配当金支払い頻度・配当落ち月・配当金支払い月

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金関係の基本情報です。

配当金(直近1年間)

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの直近1年間の配当金は、6.28ドルです。

配当金支払い頻度

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金支払い頻度は、四半期ごと(年4回)です。

配当落ち月(直近1年間の権利確定日)

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金権利確定月は、2月・5月・8月・11月です。

直近1年間の権利確定日は、2018/8/9・2018/11/8・2019/2/7・2019/5/9です。

配当金支払い月(直近1年間の配当金支払い日)

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金の支払い月は、月・6月・9月・12月です。

直近1年間の配当金支払い日は、2018/9/10・2018/12/10・2019/3/9・2019/6/10です。

[IBM]配当利回り

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当利回り関係の基本情報です。

配当利回り(直近)

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当利回りは、4.48%(税引き前)です。(執筆時点)

税引き後の配当利回りは、 

4.48 ✕ 0.79685(日本国内)✕ 0.9(米国内)=3.57% 

となります。

過去の配当利回り実績(税引き前)

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの過去の配当利回り実績です。(税引き前)

横軸:支払い日 縦軸:税引き前 利回り(%)

利回りは安定的で、3%後半~4%後半の範囲にあることが多いです。株価の上昇に合わせて、配当も増配され、一定レンジの利回りに収まっている印象です。できれば、4%後半の際に購入したいところです。

配当性向

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当性向は、45.4%です。

[IBM]配当金の支払い実績・増配率

配当金の支払い実績

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金支払い実績です。

横軸:確定日 縦軸:配当金(USドル)

非常に順調なペースで増配を実施しています。ここ15年程度の実績を見ると、毎年、5月の支払い(4月確定)の際に増配が実施されていることがわかります。

配当金の増配率

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの配当金の増配率です。

横軸:確定日 縦軸:増配率(%)

毎年、5月の支払い(4月確定)の際の増配において、7~15%程度の増配が実施されています。2000年からの平均増配率は、12%です。

[IBM]業績

総収入

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの総収入です。

(単位:US百万ドル)

売上総利益

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの売上総利益です。

(単位:US百万ドル)

営業利益

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの営業利益です。

(単位:US百万ドル)

純利益

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズの純利益です。

(単位:US百万ドル)

まとめ

[IBM]インターナショナルビジネスマシーンズは、極めて継続的な配当金増配傾向が魅力の銘柄です。

配当利回りは税引き前4%台ともう一声欲しいところですが、増配継続を考慮すると、実質利回りはより大きくなるため、長期保有を前提にポートフォリオに組み込んでいきたい銘柄です。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた