証券会社ごとの取引手数料比較

 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

これから証券口座を開こうと考えており、各社の手数料を比較したいと思っている方

に向けて、

各証券口座 の 取引手数料

について、紹介します。

注文ごとの株式売買手数料比較

1回の注文ごとの売買手数料の比較です。

1注文ごとの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

50万円までの取引であれば、松井証券が手数料無料であり、一番お得です。

>>松井証券 口座開設ページ

1日定額の株式売買手数料比較

次に、1日定額の手数料です。

「1日定額」とは、1日の取引金額の合計によって手数料が決まる仕組みのコースを言います。

1日あたりの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
SBI証券 無料 無料 無料 762円
楽天証券 無料 無料 無料 858円
岡三オンライン証券 無料 無料 無料 800円
松井証券 無料 無料 無料 1,000円
岩井コスモ証券 80円 159円 400円 800円
GMOクリック証券 213円 213円 399円 797円
ライブスター証券 400円 400円 400円 600円
マネックス証券 2,500円 2,500円 2,500円 2,500円

このコースで比較すると、先ほどの松井証券に加えて、SBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券も無料となってきます。

1か月定額の株式売買手数料比較

最後に、1か月定額の手数料プランです。

こちらは、1か月の取引金額の合計によって手数料が決まるコースを言います。

1か月あたりの株式(現物)の売買手数料[税抜き]

  ~50万円 ~100万円 ~500万円 ~1000万円
SBIネオモバイル証券 200円 1,000円 3,000円 5,000円

SBIネオモバイル証券のみで導入されており、月の取引額が50万円までであれば、月額利用料が200円となります。

SBIネオモバイル証券は、SBI証券が始めた新サービスで、Tポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができるサービスです。

1回の取引額が50万円以上する銘柄を、月に何度も取引する場合は、こちらがお得となる場合もあるでしょう。

>>SBIネオモバイル証券 口座開設ページ


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた