[2802]味の素の株価・配当金・利回り

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[2802]味の素の利回り・配当金・権利確定月

などについて、紹介します。

(最終更新日:2020/03/24

証券会社の選び方・ポイント ~おすすめは松井とSBIの二刀流~

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(食品)

[2802]味の素 企業情報

企業概要

[2802]味の素は、調味料国内最大手の食品メーカーです。

社名にもなっているうま味調味料のアミノ酸技術で飼料・医薬などの事業も展開しています。

本社は東京都中央区。

事業内容

[2802]味の素の事業内容です。

元々は食品会社ですが、アミノ酸技術を生かした「アミノ酸事業」、「医療事業」も行っており、この3つが事業の柱となっています。

食品事業

調味料・加工食品

味の素、アジシオ、ほんだし、中華あじ、クノール、Cook Do、ピュアセレクトマヨネーズ など。

冷凍食品

製造は、グループ会社の味の素冷凍食品が担当する領域です。

コーヒー

こちらもグループ会社の味の素AGFが担当する領域です。

アミノ酸事業

1964年にアミノ酸の研究を進める中、「味の素」の製造過程で確立した発酵法を生かしてアミノ酸事業へ参入。

一般の飼料に不足しがちなアミノ酸を添加することで家畜の生育を向上させる手法が確立された時代です。

現在は、飼料用アミノ酸事業からは撤退し、栄養食品・甘味料・化成品事業・香粧品事業(「Jino」ブランド)・ケミカル事業(電材)などがこの分野にあたります。

医薬事業

医薬事業は、アミノ酸の利用研究を進める中で、1950年代に必須アミノ酸結晶の製造を開始し、輸液の原料として供給したことから事業をスタート。

輸液栄養透析、消化器病、生活習慣病などの分野で製品を提供しています。

グローバルな事業展開

[2802]味の素は、日本国内だけでなく世界各地にグループ企業や工場を持ち、グローバル展開しています。

海外での売上比率6割弱となっており、うま味調味料「Ajinomoto」は世界100か国以上で販売されています。

冷凍食品 国内シェア第2位

[2802]味の素の主力商品である冷凍食品の売上高をメーカー別で見てみます。

ニチレイはシェア24%をとり、業界第2位の売上高となっています。

第1位のニチレイとの差はわずかです。

順位 企業名 売上高(百万円)
1 ニチレイ 220,686
2 味の素 207,000
3 マルハニチロ 160,800
4 日本水産 160,330
5 テーブルマーク 113,600

[2802]味の素 株価

2020/03/24時点)

[2802]味の素の株価は、1737円です。

売買単位が100株のため、最低購入金額は、約17.4万円です。

1年チャート

5年チャート

[2802]味の素 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月

[2802]味の素の配当金関係の基本情報です。

2020/03/24時点)

配当金

[2802]味の素の1株当たりの配当金は、32円です。

100株保有の場合、年間3200円の配当金が支払われます。

配当利回り

[2802]味の素の配当利回りは、1.84%(税引き前)です。

税引き後の配当利回りは、 

1.84%✕ 0.79685=1.47% 

となります。

権利確定月、次回の権利確定日

[2802]味の素の権利確定月は、3月・9月です。

次回の配当基準日(権利確定日)は、2020/03/31です。

権利付最終日の2020/03/27時点で保有している必要があります。

配当性向

[2802]味の素の配当性向は、35%です。

[2802]味の素 配当金まとめ

株価 1737円
年間配当 32円
最低購入額(100株) 約17.4万円
年間配当(100株) 3200円
利回り(税引き前) 1.84%
実質利回り(税引き後) 1.47%

2020/03/24時点)

国内株式 セクターごと銘柄リスト・配当利回り(食品)

[2802]味の素 配当金・利回り・配当性向の実績

配当金の支払い実績

[2802]味の素の配当金支払い実績です。

2013年以降、増配が続いていましたが、2019年でストップしています。

配当利回りの推移

[2802]味の素の配当利回りの推移です。

配当利回りは、概ね1%台の間で推移しています。

配当性向の推移

[2802]味の素の配当性向の推移です。

 

配当性向は、おおむね40%以下で推移しており、問題ない範囲と言えますが、ときに60%台とやや配当を出しすぎである年があります。

[2802]味の素 業績

売上高

[2802]味の素の売上高です。

(単位:百万円)

営業利益

[2802]味の素の営業利益です。

(単位:百万円)

税引き前利益

[2802]味の素の税引き前利益です。

(単位:百万円)

純利益

[2802]味の素の純利益です。

(単位:百万円)

まとめ

[2802]味の素は、調味料メーカーで抜群の知名度を誇る企業です。

しかしながら、配当利回りは今ひとつであり、投資には至らない企業です。

購入手数料が一番安い証券会社

50万円以下で売買できる銘柄は、松井証券取引手数料なしで最もお得です。

松井証券

(口座開設ページが開きます)

株式(現物)の売買手数料[税抜き]

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券(※) 無料 無料 無料 1,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM株 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
90円 180円 250円 990円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円

※松井証券は、「1注文ごと」の手数料体系がなく、「1日の合計取引額」が50万円以下であれば、無料で売買ができます。

以前は10万円までが手数料無料枠でしたが、2019年12月に体系が変わり、手数料無料枠が50万円まで拡大しました。

上場銘柄の9割以上がカバーされることとなり、株式投資を行う人に必須の口座となりました。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
先進国株式 
新興国債権
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
毎月の配当金入金状況はこちらで公開しています。

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた