米国株を取引できる時間帯はいつか?(SBI証券の場合)

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

SBI証券で、米国株を取引できる時間帯は、日本時間のいつか?

について、解説します。

米国取引所と日本の時差は、14時間

アメリカと日本には時差がありますが、そもそもアメリカ国内自体に4つのタイムゾーンがあります。

このうち、米国株の取引時間を決めているタイムゾーンは、ニューヨークを含む、米国東部時間(イースタンタイムゾーン。図の黄色)です。

日本と米国東部時間の時差は、14時間です。(日本の方が14時間「進んでいる」)

※米国サマータイム中は、13時間です。

つまり、日本の月曜日に売買注文を出しても、時間帯によっては、アメリカはまだ日曜日で、リアルタイムに取引が成立しない、ということが起こりえます。

アメリカのサマータイムはいつからいつまで?

アメリカのサマータイムは、3月の第2日曜日~11月の第1日曜日です。(現地時刻)

2019年の場合は、現地時刻の3/10(日)~11/3(日)となります。

アメリカの証券取引所の取引時間は、AM9:30~PM4:00(米国東部時間)

アメリカの証券取引所の取引時間は、

現地時刻(米国東部時間)の AM9:30~PM4:00

です。

日本と米国東部の時差は通常14時間サマータイムでは13時間なので、日本時間では以下のようになります。

◆標準期間 PM11:30~翌AM6:00
◆サマータイム期間:PM10:30~翌AM5:00

米国株の取引時間は、夜23:30から翌朝6:00

以上を踏まえ、米国株をリアルタイムで取引できる時間は、

夜の23:30~翌朝6:00(月曜日~金曜日) ※通常期

となります。

SBI証券のサイトから引用した、下の図がわかりやすいです。

リアルタイムで取引できる時間帯は、図のピンクのゾーンです。

また、図の青色ゾーンは、リアルタイム取引はできませんが、注文発注は可能です。

図の黒色ゾーンは、注文の受付が不可の時間帯です。サラリーマン的にはあまり気になりませんね。

まとめ

SBI証券で、米国株を取引できる時間について、解説しました。

リアルタイムで注文できる時間帯は、夜の23:30~翌朝6:00(月曜日~金曜日)ですが、ほとんどの時間帯で注文発注は可能であるため、そこまで気にする必要はないと思われます。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 
毎月の配当金の入金状況はこちらで公開しています。

不労所得・配当金が月5万円に至る軌跡、最新ポートフォリオ

 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする