金持ち父さん貧乏父さん 読書レビュー

スポンサーリンク

 「資産」とはなんでしょうか?

かつて一般的だった「資産とは、お金を使って買えるもの」という考え方に一石を投じたのがこの本です。

本書によると、ポケットにお金を生み出してくれるもの(株など)が資産であり、ポケットからお金を奪うもの(車、住宅など)は負債です。

「資産形成では、お金を奪っていく負債ではなく、お金をもってきてくれる資産を積み増すことに注力すべし。」

「お金に働いてもらわないと、労働のラットレースからは永遠に抜け出せない。」

そんな当たり前だけど、今まであいまいにされていた点を明らかにした名著です。

株式投資をする人だけでなく、全ての社会人必読の書です。

著者は、アメリカの投資家・実業家である、ロバート・キヨサキ氏。

2000年に発売された本ですが、資産形成の考え方の教科書として、今でもよく取り上げられる一冊です。