[ENB]エンブリッジ 企業概要・株価・配当金・利回り

 
 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[ENB]エンブリッジの企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

などについて、紹介します。(いずれも2019年5月時点)

[ENB]企業概要

企業概要

[ENB]エンブリッジの企業概要です。

エンブリッジは、天然ガスや電力などの輸送、配給サービスを提供する北欧最大のパイプライン・エネルギー企業です。

本社は、カナダのカルガリー。

事業内容

エネルギー事業の上流・中流・下流のうち、中流部分(エネルギーの精製、貯蔵、配給)に特化しています。

中流ビジネスは、原油などの商品価格の影響を受けず、安定的な収益が期待されます。

また、最近では、太陽光・風力など、自然エネルギー(再生可能エネルギー)事業にも参入しています。

スペクトラ・エナジーの買収

2016年にはアメリカのエネルギー会社、スペクトラ・エナジーを買収しました。

これにより、エンブリッジは、北米最大のエネルギーパイプライン企業となっています。

元々、スペクトラは、カナダとアメリカのパイプラインを保有する会社でした。

セグメント別 売上比率

[ENB]エンブリッジのセグメント別売上比率です。

原油・ガスの輸送事業で7割以上の収益を上げていることがわかります。

非常に安定的な事業であり、かつ、エネルギーの輸送の鍵となるのは、同社が所有する膨大なパイプラインインフラです。

一般的に、エネルギー業・鉄鋼業・鉄道業などのような設備集約型産業は、新規参入障壁が高く、同業他社との価格競争による収益悪化リスクが低いといえます。株主にとって魅力的です。

地域別 売上比率

[ENB]エンブリッジの地域別売上比率です。

アメリカで約6割、カナダで約4割の売上を上げています。

[ENB]株価

[ENB]エンブリッジの株価は、35.56ドルです。

 

2000年台~2013年あたりまでリーマンショック時の下落を除いて上昇基調でしたが、2014年あたりからは緩やかな下落傾向です。ここ10年弱は20ドル後半~50ドルのレンジで推移しています。

[ENB]配当金・配当金支払い頻度・配当落ち月・配当金支払い月

[ENB]エンブリッジの配当金関係の基本情報です。

配当金(直近1年間)

[ENB]エンブリッジの直近1年間の配当金は、2.95ドルです。

配当金支払い頻度

[ENB]エンブリッジの配当金支払い頻度は、四半期ごと(年4回)です。

配当落ち月(直近1年間の権利確定日)

[ENB]エンブリッジの配当金権利確定月は、2・5・8・11月です。

直近1年間の権利確定日は、2018/5/14・2018/8/14・2018/11/14・2019/2/14です。

配当金支払い月(直近1年間の配当金支払い日)

[ENB]エンブリッジの配当金の支払い月は、3・6・9・12月です。

直近1年間の配当金支払い日は、2018/6/1・2018/9/1・2018/12/1・2019/3/1です。

[ENB]配当利回り

[ENB]エンブリッジの配当利回り関係の基本情報です。

配当利回り(直近)

[ENB]エンブリッジの配当利回りは、8.07%(税引き前)です。(執筆時点)

税引き後の配当利回りは、 

8.07 ✕ 0.79685(日本国内)✕ 0.85カナダ国内)=5.46% 

となります。

カナダ株の配当にかかる税金率は「15%」

カナダ国内の配当にかかる税金の率15%米国株の10%に比べて高くなっており、その分、受取配当金が減少することに注意が必要です。

過去の配当利回り実績(税引き前)

[ENB]エンブリッジの過去の配当利回り実績です。(税引き前)

横軸:支払い日 縦軸:税引き前 利回り(%)

利回りは4~6%台で推移しています。特にここ1~2年6%台であることが多く、購入チャンスと言えます。

配当性向

[ENB]エンブリッジの配当性向は、140.6%です。

配当性向が100%超えですので、1株利益以上に配当を出していることになります。自己資本を切り崩して配当を出す、いわゆる「タコ配」となっています。

投資信託などでこれをやるとファンド価格自体が下落するNG事象ですが、企業の場合は、一概にそうとも言えません。

エンブリッジは、設備産業であるため、高い配当を出して、より多くの株主から出資を受け、将来に向けて設備投資を行うという点で必ずしも、「配当性向100超え=悪」ではないと考えます。

[ENB]配当金の支払い実績・増配率

配当金の支払い実績

[ENB]エンブリッジの配当金支払い実績です。

横軸:確定日 縦軸:配当金(USドル)

非常に順調なペースで配当金を増やしています。4半期ごとに0.5ドル程度の配当金となっています。

配当金の増配率

[ENB]エンブリッジの配当金の増配率です。

横軸:確定日 縦軸:増配率(%)

年1回、10%程度の増配が実施されています。非常に素晴らしいペースの増配と言えます。

[ENB]業績

総収入

[ENB]エンブリッジの総収入です。

(単位:US百万ドル)

売上総利益

[ENB]エンブリッジの売上総利益です。

(単位:US百万ドル)

営業利益

[ENB]エンブリッジの営業利益です。

(単位:US百万ドル)

純利益

[ENB]エンブリッジの純利益です。

(単位:US百万ドル)

※2015年は赤字(△224百万ドル)

まとめ

[ENB]エンブリッジは、安定した事業内容が魅力の企業です。

配当利回りは6%以上と高利回りであることに加え、堅調な増配傾向がありますので、ぜひともポートフォリオに加えていきたい銘柄です。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする