ポイント率1%超えの高還元クレジットカード【JACCS・楽天】

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

このページでは、ポイント還元率のいいクレジットカード選びについて、書きたいと思います。

ポイント還元率の高いクレジットカード

 
クレジットカードを使うと利用額に応じてポイントが付与されます。
 
もちろん還元率が高い方が節約分を投資に回せるので、最初にしっかり選んで使い倒しましょう。
 
だいたい1%の還元率があれば、高い部類に入り合格点だと思います。
 
とはいえ、還元率の高さ以外にも、選ぶポイントはあり、次のようなことが挙げられます。

選ぶポイント

どんな店舗の利用でも高い換金率か?

カードによっては特定の店舗やサービスでないと還元率が下がるものあり。
 
使える店舗に制限がなく、全ての利用で換金率が高いことがストレスなく使うポイント。

換金性の高い還元方法か?

換金性の高いポイント還元が良い。
 
利用できるサービスが限られると使い勝手が良くない。
 

ポイント換金率などの改悪を繰り返していないか?

換金率など重要な項目の改悪を繰り返しているのはNG。
 
クレジットは色々な支払い方法に一度登録すると、変更が手間なので、極力1つのカードを長く使いたいところです。

カードのデザインは好みのものか。カッコ悪くないか?

店舗では、財布から出して使うもの。
 
デザインが気に入らないと気持ちよく使えず、テンションダウン。
 

メイン=JACCSリーダーズカード(Reader’s Card)、サブ=楽天カード

これらの点から厳選し、私が使っているのは、
ジャックスのリーダーズカード(メイン)
 
楽天カード(サブ)
です。

リーダーズカード(Reader’s Card)

ポイント還元率・換金性

1.43%(実質。※参照)
 
クレジット利用額に対し1.25%
(Amazonなどの場合、Jaccsモール経由でログインすると1.75%にアップ)
 
さらにポイントが3500ポイント貯まると、次の月のクレジット支払いを4000割り引く換金ができます。
 
※ 実質還元率は1.25% ✕ (4000/3500)=1.43となります。
 
リーダーズカード(Reader’s Card)は、使いやすさと換金性がバツグンです。
 
私は、リーダーズカードをメインで使い倒し、3500ポイント貯まったら、次の月の支払い4000円減を申し込みます。
 
(そのタイミングでクレジット引き落とし口座に入れる予定だった4000円を株購入用口座に入金しています。)
 

年会費

年会費は初年度無料2年目以降2500ですが、30万円以上使うことで無料になります。
 
 
ネットショッピングで使う時は、ジャックスモールスというサイト経由でログインすると、換金率が1.75%にアップします。
 
【サイトリンク】

楽天カード

メインはリーダーズカードですが、何かの理由で使えなかった時の予備として、もう一枚楽天カードを作っています。
 
 
ちょっと見た目はカッコ悪いですが、メリットも十分あります。

ポイント還元率・換金性

還元率は1%
(楽天市場の利用では3%)
 
・貯まったポイントは月ごとに楽天ポイントに自動で交換される
→申し込み不要で楽チンです。
 
・ポイントは楽天サービスでしか使えない(デメリット)
せっかくポイントを貯めても使用先が限られるので、メインにはできません。
 
楽天市場楽天トラベルは、たまには利用するので、そこで使えるのでまぁいいかな、という感じです。
 

年会費

無料!

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
ポイント還元率、その他の理由からお勧めするクレジットカードを紹介しました。
 
カード選びは、還元率以外にも、換金性、年会費、カードデザインなどから総合的に判断。
  • メイン:JACCSリーダーズカード
  • サ ブ:楽天カード