2019年の投資目標【配当サラリーマン”いけやん”】

 
あけましておめでとうございます。
 
配当サラリーマンの”いけやん”です。
 
新年にあたり、2019年の投資目標を定めたので、書きたいと思います。
 

現在の運用資産状況

2019年1月時点で、配当株の運用状況は、
 
運用資金 970万円
保有銘柄 21種類
配当受取額 51.9万円(予定)
配当利回り5.34%
 
となっております。

目標(2019年末時点)

運用資金1200万円
 
保有銘柄や、運用利回りは、大きな問題ではなく、運用資金を増やすことが大事な段階ななで、敢えてこれを目標にしました。
 
ちなみに運用利回りを5.3%と想定すると、
年間の受取配当金は、63.6万円となります。

ポイントは継続的な入金

このためには、継続的に入金を欠かさないことが第一と考えます。
その上で、多少の価格変動にはとらわれず、定期的、継続的に高配当株を購入しつづけます。
 
具体的には、

①毎月の給料から(120万)

月10万 × 12ヶ月

②家賃補助が出る月(30万)

①に加えてさらに月10万プラス
月10万 × 3ヶ月

③ボーナス(120万)

60万 × 2回
 
の計270万を積み立て目標とし、全額高配当株の購入に充てます。
 

配当金は、投資信託を購入し、上昇したら即売。配当金株の購入に充てる。

配当金は現時点での年間受取想定額を月3回に分散購入し、価格が上昇した時点で躊躇なく売却し、次なる高配当株購入の資金に充てます。
 
価格が上昇、というのが不確定要素ですので、いつ売却できるかは分かりませんが、仮にその年の年末までには全て売却したと、年率5%で増えて売却できるタイミングがあると想定しています。
 
配当益・売買益実績。2019年は1月時点。
 
2013年から始めた高配当株投資も、徐々に運用資金が増え、複利の雪だるま効果を実感し始めたころです。
 
ここらで、労働収入の強みである安定的収入を運用資金を継続して入金する大切さを忘れずに、一気に運用資金を増やしていきたいと思います。
 
本年もどうぞ、よろしくお願いします。