[WBK]ウエストパック銀行 企業概要・株価・配当金・利回り

 

こんにちは。

配当サラリーマンの“いけやん”です。

この記事では、

[WBK]ウエストパック銀行の企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

などについて、紹介します。(いずれも2019年5月時点)

[WBK]企業概要

企業概要

[WBK]ウエストパック銀行の企業概要です。

ウエストパック銀行は、オーストラリアの大手銀行です。

設立は1817年でオーストラリアで最も古く、現在ではオーストラリアの大手4銀行の一角です。公式HPでも創業200年をPRした企業ロゴを見ることができます。

本社は、シドニー。

[WBK]ウエストパック銀行は、ADR。現地配当がかからない

[WBK]ウエストパック銀行は、オーストラリアで上場していますが、米国市場(NYSE:ニューヨーク証券取引所)でもADR(米国預託証券)として買うことができます。

ADRは、配当の現地課税かかりません。

オーストラリアの4大銀行とは

[WBC]ウエストパック銀行を含む、次の4つの銀行をオーストラリアの4大銀行といいます。

[NAB]ナショナル・オーストラリア銀行

[CBA]オーストラリア・コモンウェルス銀行

[ANZ]オーストラリア・ニュージーランド銀行

[WBC]ウエストパック銀行

住宅ローンの市場では、上記の4大銀行で市場の80%以上を占めます。

オーストラリアの銀行規模比較(総資産高)

オーストラリアの銀行を総資産高ランキングで比較してみます。

[WBK]ウエストパック銀行の総資産高は、国内第3位となっています。

4大銀行が群を抜いていることが良くわかります。

順位 銀行名

総資産額(US億ドル)

1 ナショナル・オーストラリア銀行 7373
2 オーストラリア・コモンウェルス銀行 7173
3 ウエストパック銀行 6555
4 オーストラリア・ニュージーランド銀行 5815
5 マッコリー・グループ 1598
6 サンコープ・グループ 656
7 ベンディゴ・アンド・アデレード銀行 590
8 INGバンク・オーストラリア 481
9 インベステック銀行・オーストラリア 427
10 HSBC銀行・オーストラリア 243

日本の銀行とのWBK規模比較

[WBK]ウエストパック銀行の規模を日本の銀行と比較してみます。

日本のメガバンク+ゆうちょに次ぎ、三井住友トラストホールディングスと同程度の規模ということがわかります。

オーストラリアの上位銀行でもこの差ですから、日本の銀行の規模の大きさがわかります。

順位 銀行名 総資産高(兆円)
1 三菱UFJFG 306
2 ゆうちょ銀行 210
3 みずほFG 205
4 三井住友FG 199
5 ウエストパック銀行 72
6 三井住友トラストHD 68
7 りそなHD 50

※6555US億ドル=72兆円(@1ドル=110円)で換算

[WBK]株価

[WBK]ウエストパック銀行の株価は、18.95ドルです。

 

2013年をピークにそれ以降、株価は一貫して下落傾向です。

[WBK]配当金・配当金支払い頻度・配当落ち月・配当金支払い月

[WBK]ウエストパック銀行の配当金関係の基本情報です。

配当金(直近1年間)

[WBK]ウエストパック銀行の直近1年間の配当金は、1.31ドルです。

配当金支払い頻度

[WBK]ウエストパック銀行の配当金支払い頻度は、半期ごと(年2回)です。

配当落ち月(直近1年間の権利確定日)

[WBK]ウエストパック銀行の配当金権利確定月は、5月・11月です。

直近1年間の権利確定日は、2018/11/9・2019/5/15です。

配当金支払い月(直近1年間の配当金支払い日)

[WBK]ウエストパック銀行の配当金の支払い月は、7月・12月です。

直近1年間の配当金支払い日は、2018/12/31・2019/7/5です。

[WBK]配当利回り

[WBK]ウエストパック銀行の配当利回り関係の基本情報です。

配当利回り(直近)

[WBK]ウエストパック銀行の配当利回りは、6.89%(税引き前)です。(執筆時点)

税引き後の配当利回りは、 

6.89 ✕ 0.79685(日本国内)✕ 1.0(現地課税なし)5.49% 

となります。

ADRであるため、米国株であれば10%かかる現地課税がかかりません。

【米国株】

受取配当金 = 支払い配当金 ✕  0.79685(日本国内)✕ 0.9(米国内)

【オーストラリア株】

受取配当金 = 支払い配当金 ✕  0.79685(日本国内)

過去の配当利回り実績(税引き前)

[WBK]ウエストパック銀行の過去の配当利回り実績です。(税引き前)

横軸:支払い日 縦軸:税引き前 利回り(%)

利回りは6~7%台の高い状態が続いています。株価自体の下落によるところが大きいため、注意が必要です。さすがにこれだけの高利回りになれば、株価の下支えになり、下げ止まるような気もしますが。

配当性向

[WBK]ウエストパック銀行の配当性向は、73.4%です。

本社ビル(シドニー)

[WBK]配当金の支払い実績・増配率

配当金の支払い実績

[WBK]ウエストパック銀行の配当金支払い実績です。

横軸:確定日 縦軸:配当金(USドル)

配当金の増配率

[WBK]ウエストパック銀行の配当金の増配率です。

横軸:確定日 縦軸:増配率(%)

近年の増配率は停滞気味です。

[WBK]業績

総収入

[WBK]ウエストパック銀行の総収入です。

(単位:US百万ドル)

当期純利益

[WBK]ウエストパック銀行の当期純利益です。

(単位:US百万ドル)

まとめ

[WBK]ウエストパック銀行は、高い利回りが魅力の銘柄です。

ADRであり、配当への現地課税がない点も魅力です。

金融業種は、リーマンショックのような金融危機への不安があるため、ポートフォリオの一部として購入したい銘柄です。


お読みいただき、ありがとうございました!

<こちらもどうぞ>

各個別銘柄はこちらで解説しています。(利回り・株価・配当金実績など)
国内株式
 
先進国株式 
新興国債権
 
毎月のポートフォリオはこちらで公開しています。
 

アッパーマス層(3000万円)運用で米国株の毎月自動購入を目指す

分散効果を得るには何銘柄持てば十分か? 統計学で確認してみた